せき歯科クリニックブログ

インプラントと入れ歯の違い

2017年3月13日 (月)

かつては、虫歯や歯周病により歯を失ってしまったときは「入れ歯」という選択肢しかありませんでした。しかし、今は「インプラント」という選択肢があります。

人口の歯であるという点では同じですが、インプラントと入れ歯ではその方法が異なります。インプラントは骨の中に人口歯根を埋入する治療のことで、入れ歯は取り外しができる人口の歯のことです。インプラントは骨に人口の歯根を埋入するため、インプラントが自分の骨としっかりくっつくまでに少し時間がかかります。インプラントは入れ歯と違い、骨にしっかりと固定されるため自分の歯に近い感覚で食事ができます。歯科医院でよく相談して入れ歯にするか、インプラントにするか決めることが大事ですが、費用もかなり違ってきますので、費用のことを考えるのも大事です。


カテゴリー: 未分類

ノンクラスプデンチャーの特徴

2017年3月11日 (土)

入れ歯の金属のバネがないノンクラスプデンチャーは審美製に優れているということが大きなメリットです。部分入れ歯というと、ほかの歯と異なるので、部分入れ歯とすぐにわかってしまう、金属バネが目立って若々しさがなくなるという悩みが多く寄せられます。この問題を解決するのに良い方法がノンクラスプデンチャーなのです。

歯科医院では、若い年代の方や、前歯など審美的に問題となる部分では、このノンクラスプデンチャーを進められることがあります。歯に引っ掛ける金属のバネが歯茎と同じプラスチックの素材なので目立たないというメリットがあるのです。

また保険の部分入れ歯では、装着時の違和感を訴える人は少なくありません。しかしノンクラスプデンチャーの場合は、適合がよく、薄くて軽いので装着感が良い上に、弾力性があり、破損しやすいのが特徴です。費用はかかりますが、毎日の食事を快適なものにするためにも大きな価値があるのではないでしょうか。


カテゴリー: 未分類

歯周病とは

2017年3月10日 (金)

「歯周病」は、歯の周りの組織(歯周組織)の病気です。

その歯周病が進行して重症化すれば、歯がぐらついてきて抜けてしまうだけでなく、歯周病菌が原因となって糖尿病が悪化する・治りにくいなど全身の病気にも影響を及ぼすからです。

歯と歯ぐきの境目に歯垢や歯石がたまったりすると、「歯肉炎」を起こします。放っておくと「歯周病」へと進行してしまうので、重症化する前に歯医者へ行って、セルフケアでは除去しきれない歯垢や歯石をクリーニングしてもらい、正しいブラッシング法の指導を受けましょう。

歯周病は自覚症状がほとんどなく、気づかない間に進行してしまうケースが多いので、定期健診を受けることが歯周病予防につながるのです。


カテゴリー: 未分類

虫歯を放置したらどうなるのか

2017年3月5日 (日)

歯磨きが不十分で磨き残しがあると、歯の表面が「歯垢」で覆われていきます。歯垢の中には「虫歯菌」が潜んでいて食べ物や飲み物の中に含まれる炭水化物や糖を利用して「酸」を作り出すのです。酸によって歯からカルシウムイオンやリン酸イオンが溶け出し脱灰が始まります。この脱灰が続くと歯に穴が開いてしまいます。これば「虫歯」です。

虫歯は歯の表面から始まります。初期の虫歯は歯の表面のエナメル質が茶色くなったりザラザラしています。痛み等の自覚症状がない場合が多いのですが、この状態で歯科治療を受ければ簡単な治療で済むのです。これを放置してエナメル質の下の象牙質まで虫歯が進行すると冷たいものや甘いものがしみる等の自覚症状が現れます。さらに放置を続けると歯の神経(歯髄)にまで達し、炎症が起きて激痛があります。それでも放置を続けると神経も死んでしまい痛みはなくなりますが、歯の根の先に膿の袋ができ、回復が困難な場合は歯を残すことが不可能となります。

虫歯菌が血流に乗って全身にめぐってしまうと脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクが高まることがわかっています。また、残った歯の本数が少ないほど、認知症が進みやすいとの報告もあります。

放置を続けて虫歯が進行すればするほど、治療は大がかりになり時間もお金もかかります。もちろん体へのダメージも大きくなります。

虫歯くらい・・・と決して甘くみずに日ごろから歯磨きをしっかりして、3、4ヶ月に一度は歯医者での定期健診をお粉い、虫歯の早期発見と治療を心がけるようにしましょう。


カテゴリー: 未分類

せき歯科クリニックブログ始めました!

2017年1月26日 (木)

こんにちは!せき歯科クリニックです。

本日より、当院のブログをスタートいたします。

院内の日常や当院で行なったイベントの模様をお届けしてまいりますので、

楽しみにお待ち下さい!

それでは宜しくお願いいたします!


カテゴリー: 未分類

キッズクラブ

2014年4月3日 (木)

お子さんが0歳~小学校卒業までの間に、歯を守る習慣を身につけてもらうために、虫歯がなくても3~4ヶ月に一度定期検診を受け、虫歯のチェック・歯磨きの状態のチェックと歯磨き指導・フッ素塗布などの予防の処置を行っています。

キッズクラブでは、「永久歯虫歯ゼロ」を目標としています。入会されると、「健康手帳の発行」を行います。内容は、写真・お口の中の状態・お家で気を付けることを定期検診ごとに記入して、1つのファイルになっています。入会の際は、ファイル代の300円をご負担お願いしております。

さらにキッズクラブに入会すると、いろんな特典がついてきます♪

詳しくはスタッフにおたずねください。


カテゴリー: 未分類

予防歯科をご存知ですか?

2014年3月28日 (金)

今回は歯磨き(セルフケア)の重要性についてお話したいと思います。予防で、もっとも重要なのは、日々の歯磨きなのです。どんなに定期健診を受けていても、日々の歯磨きを怠っていると、虫歯や歯周病は進行していきます。虫歯のなりやすさは歯質、細菌、食生活、ライフスタイル、つまり一人ひとり違います。そこで原因となる3要素の重なりあう時間や面積を少なくすることで、虫歯になるリスクを下げることが可能となります。

そこで、細菌を減らすためには、食後の歯磨きが一番効果的なのです。ただ、誤った歯磨きの方法では、意味がありません。また、自分では磨けているつもりでも、歯垢がうまく除去できていない方もたくさんいます。また、どんなに指導を受けていてもすぐに忘れてしまい、自己流になってしまいがちです。そのため、定期健診のたびにプロによるブラッシング指導を受け、PMTC(クリーニング)などのプロフェッショナルケアを行うことで良い状態を保つことが可能になるのです。

食事のときに使った食器は必ず洗いますよね?歯は、天然の食器と同じです。食後は正しく丁寧に歯磨きをする習慣を身につけましょう。


カテゴリー: 未分類

TOOTH FAIRYプロジェクト

2014年3月17日 (月)

歯の妖精「TOOTH  FAIRY」とは…

西洋では、抜けた乳歯を枕元に置いて寝ると夜中に歯の妖精「TOOTH  FAIRY」がその歯をこっそりもらいに来て、お礼にプレゼントと交換していくと言い伝えられているそうです。

歯の治療で役目を終えた金属も、子ども達を喜ばせる素敵なプレゼントにかえられたら、という思いからこのプロジェクトは始まったそうです。

歯科治療に使う金属(銀歯の詰め物や被せ物、入れ歯など)は金やパラジウムなどの合金でできていて、治療の際に外した金属を寄付することで歯科医院だからこそできる社会貢献を行っております。

この寄付金は、「ミャンマーでの学校建設」や「小児がんや難病と闘い、重い障害を持つ子どもたちとその家族を応援」しています。

せき歯科クリニックは、TOOTH  FAIRYプロジェクトに参加しています。


カテゴリー: 未分類

子どもの定期検診

2014年3月13日 (木)

定期検診は、大人だけでなく子どもも受けた方が良い事はご存知でしたか?「乳歯は抜けてしまうから、虫歯の治療はしなくてよい」と思われる方もいますが、それは大きな間違いです。乳歯に虫歯があるならば、生え変わった後の永久歯も虫歯になるのは当たり前です。

乳歯の虫歯に虫歯菌がたくさんいますし、虫歯になった原因もなくなったわけではないのです。乳歯でも虫歯の治療は必要なのです。例えば、乳歯が虫歯に生え変わるとき、早くに乳歯が虫歯でなくなっていたら、前後の歯は傾いてきてしまい、永久歯の生えてくるスペースがなくなってしまいます。

そうすると歯並びはでこぼこになってしまいます。乳歯もとても大切な役割を持っています。その乳歯も、虫歯になったら治療をするの繰り返しでは歯を失ってしまいます。そのため、3~4ヶ月に一度定期検診を受け、虫歯のチェック・ブラッシング指導・フッ素塗布をすることで、虫歯の予防・歯肉炎の予防をしていくことが可能になります。

また、子どもの時から定期検診を受けることでお口の中の健康を守る意識や習慣を身につけることにもつながります。


カテゴリー: 未分類

学校安心メール

2014年2月21日 (金)

せき歯科クリニックは、桜木小学校、桜木東小学校の学校安心メールに協賛しております。学校安心メールとは、学校、PTA、保護者間の連絡をスムーズに行うためのメールシステムで、学校やPTAから様々な情報を保護者の携帯に配信することができます。

子ども達が安全で安心して通うことができる、明るく楽しい学校づくりを目標としています。当院が協賛し始めて7年になりますが、協賛の理由は、歯科の仕事以外で何か地域に貢献したいとの気持ちからでした。

地域の子どもたちが、新聞やニュースで見かけるような様々な事件や事故に巻き込まれるという悲しいことは、起きてほしくないものです。

そのために今後も、学校安心メールの運用を支え、安全で安心できる地域社会づくりに微力ながら貢献していきたいと考えております。


カテゴリー: 未分類

医院情報

せき歯科クリニック

〒861-2101 熊本県熊本市東区桜木3丁目22-19

TEL:096-360-0310

【診療科目】 一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・インプラント・審美歯科・矯正歯科・入れ歯(義歯)

診療時間

▲ 木曜は〜13:00まで △ 土曜は〜18:00まで

詳しくはコチラ