せき歯科クリニックブログ

~『なってから』ではなく『なる前』に歯医者さんへ~

2017年6月7日 (水)

サンスターグループ オーラルケアカンパニー(以下サンスター)は、一般企業などで実施している産業歯科検診で了解を得られた方を対象に行ったアンケート結果を分析し、「大人むし歯」の実態をまとめました。

 

厚生労働省歯科疾患実態調査によると、最近子どものむし歯は減りつつありますが20代~70 代までの約8割以上の人がむし歯を経験し、高齢者のむし歯が年々増加していることが示されています。

 

今回のサンスターの調査では、むし歯を保有している人の74%が「歯が痛む・しみる」とは感じていないことが分かり、年齢を重ねるとむし歯に気付きにくくなるという傾向が明らかになりました。

 

年齢を重ねるとむし歯治療後の詰め物の隙間にむし歯菌が入り込むことによって再発する「二次う蝕」(再発むし歯)や、加齢・歯周病によってハグキが下がり歯の根元の象牙質が露出することで、歯の根元にできる「根面う蝕」(根元むし歯)が生じやすくなります。

これらのむし歯をサンスターでは「大人むし歯」と呼んでおり、成人・高齢者は、「大人むし歯」が進行しやすくなります。二次う蝕(再発むし歯)も、根面う蝕(根元むし歯)も、肉眼では非常に分かりづらい部位に発症しますので、ご自身での発見は遅れがちです。

過去にむし歯の治療を受けた歯が何本かあるという方、ある程度、高齢の方で昔に比べて歯ぐきが下がってきたかな?という自覚のある方は、痛みの有無にかかわらず、定期的に歯科医院を受診されることをお勧めします。痛みが出るのは、進行してしまったむし歯です。

 

歯科医院では、大人むし歯の検診と同時にプロフェショナルケア(歯の隅々までのクリーニングやフッ素塗布など)を受けていただくことが出来ます。また、大人むし歯の予防に大切なご家庭でのホームケアにおけるフッ素の活用について指導を受けていただくこともできます。


カテゴリー: 未分類

歯科食育離 乳期~幼児期オススメ献立♪

2017年4月30日 (日)

離乳期~幼児期にかけては口の機能が発達し様々な経験をする時期です。前回(架け橋24号)

歯科食育幼児期編についての記事を掲載しましたので今回はオススメ献立を紹介したいと思います♪

【1歳~】

・手づかみ食べが盛ん

・前歯で噛み切れる大きさ、軟らかさ(煮物位)

・マヨネーズやケチャップ粉チーズなど少量~挑戦!

 

「おすすめ」

・おにぎり、卵焼き、かぼちゃの煮物、グラッセ、味噌汁

・おにぎり、ハンバーグ、ブロッコリー、いちご、野菜スープ

・ひじきおにぎり、ムニエル、チーズ・きゅうりスティック

 大根の煮物、野菜スープ

・おやつ ポテトサラダ  ・飲み物 牛乳

 

【2歳~】

・スプーン、フォークが使えるように

・奥歯ですりつぶせるかたさ (ゆで野菜、炒めもの位)

・色んな大きさの食材を混ぜてよく噛むように

・カレー粉、しょうが、にんにく等、少量~挑戦!

 

「おすすめ」

・ごはん、卵焼き、かぼちゃの煮物、グラッセ、味噌汁

・ごはん、ハンバーグ、ブロッコリー、フルーツヨーグルト

 スープ

・ひじきごはん、ムニエル、きゅうり和え、大根の煮物

 スープ

・おやつ 芋天ぷら  ・飲み物 牛乳

 

 

 


カテゴリー: 未分類

インプラントと入れ歯の違い

2017年3月13日 (月)

かつては、虫歯や歯周病により歯を失ってしまったときは「入れ歯」という選択肢しかありませんでした。しかし、今は「インプラント」という選択肢があります。

人口の歯であるという点では同じですが、インプラントと入れ歯ではその方法が異なります。インプラントは骨の中に人口歯根を埋入する治療のことで、入れ歯は取り外しができる人口の歯のことです。インプラントは骨に人口の歯根を埋入するため、インプラントが自分の骨としっかりくっつくまでに少し時間がかかります。インプラントは入れ歯と違い、骨にしっかりと固定されるため自分の歯に近い感覚で食事ができます。歯科医院でよく相談して入れ歯にするか、インプラントにするか決めることが大事ですが、費用もかなり違ってきますので、費用のことを考えるのも大事です。


カテゴリー: 未分類

ノンクラスプデンチャーの特徴

2017年3月11日 (土)

入れ歯の金属のバネがないノンクラスプデンチャーは審美製に優れているということが大きなメリットです。部分入れ歯というと、ほかの歯と異なるので、部分入れ歯とすぐにわかってしまう、金属バネが目立って若々しさがなくなるという悩みが多く寄せられます。この問題を解決するのに良い方法がノンクラスプデンチャーなのです。

歯科医院では、若い年代の方や、前歯など審美的に問題となる部分では、このノンクラスプデンチャーを進められることがあります。歯に引っ掛ける金属のバネが歯茎と同じプラスチックの素材なので目立たないというメリットがあるのです。

また保険の部分入れ歯では、装着時の違和感を訴える人は少なくありません。しかしノンクラスプデンチャーの場合は、適合がよく、薄くて軽いので装着感が良い上に、弾力性があり、破損しやすいのが特徴です。費用はかかりますが、毎日の食事を快適なものにするためにも大きな価値があるのではないでしょうか。


カテゴリー: 未分類

歯周病とは

2017年3月10日 (金)

「歯周病」は、歯の周りの組織(歯周組織)の病気です。

その歯周病が進行して重症化すれば、歯がぐらついてきて抜けてしまうだけでなく、歯周病菌が原因となって糖尿病が悪化する・治りにくいなど全身の病気にも影響を及ぼすからです。

歯と歯ぐきの境目に歯垢や歯石がたまったりすると、「歯肉炎」を起こします。放っておくと「歯周病」へと進行してしまうので、重症化する前に歯医者へ行って、セルフケアでは除去しきれない歯垢や歯石をクリーニングしてもらい、正しいブラッシング法の指導を受けましょう。

歯周病は自覚症状がほとんどなく、気づかない間に進行してしまうケースが多いので、定期健診を受けることが歯周病予防につながるのです。


カテゴリー: 未分類

虫歯を放置したらどうなるのか

2017年3月5日 (日)

歯磨きが不十分で磨き残しがあると、歯の表面が「歯垢」で覆われていきます。歯垢の中には「虫歯菌」が潜んでいて食べ物や飲み物の中に含まれる炭水化物や糖を利用して「酸」を作り出すのです。酸によって歯からカルシウムイオンやリン酸イオンが溶け出し脱灰が始まります。この脱灰が続くと歯に穴が開いてしまいます。これば「虫歯」です。

虫歯は歯の表面から始まります。初期の虫歯は歯の表面のエナメル質が茶色くなったりザラザラしています。痛み等の自覚症状がない場合が多いのですが、この状態で歯科治療を受ければ簡単な治療で済むのです。これを放置してエナメル質の下の象牙質まで虫歯が進行すると冷たいものや甘いものがしみる等の自覚症状が現れます。さらに放置を続けると歯の神経(歯髄)にまで達し、炎症が起きて激痛があります。それでも放置を続けると神経も死んでしまい痛みはなくなりますが、歯の根の先に膿の袋ができ、回復が困難な場合は歯を残すことが不可能となります。

虫歯菌が血流に乗って全身にめぐってしまうと脳梗塞や心筋梗塞の発症リスクが高まることがわかっています。また、残った歯の本数が少ないほど、認知症が進みやすいとの報告もあります。

放置を続けて虫歯が進行すればするほど、治療は大がかりになり時間もお金もかかります。もちろん体へのダメージも大きくなります。

虫歯くらい・・・と決して甘くみずに日ごろから歯磨きをしっかりして、3、4ヶ月に一度は歯医者での定期健診をお粉い、虫歯の早期発見と治療を心がけるようにしましょう。


カテゴリー: 未分類

災害時にこそ大切!お口のケア

2017年3月1日 (水)

災害時の口腔保健(オーラルケア)は、お口の健康だけでなく、身体の健康にも影響します。避難所生活や水不足で、口の中を清潔に保つことが出来ないと、お口の中の菌でも身体に悪影響を及ぼす可能性があります。特に肺炎になりやすい高齢の方は、注意が必要です。

≪歯ブラシがない時のケア≫

避難生活などで歯ブラシがない時は食後に30ml程度の水やお茶でうがいをしましょう!またハンカチなどを指に巻いて歯をぬぐい、汚れを取るのも効果があります。

≪唾液マッサージ≫

唾液には、口の中の汚れを洗い出してくれる働きがあります。水分をできるだけ取り、アゴの付け根(耳の真下)をマッサージしたり温めたりして唾液を十分出すように心がけてください。ガムをかむのも唾液が出る良い方法です。

≪水が少ない時の歯磨き≫

①水約30mlを用意します。

②その水でハブラシを濡らし、口の中へ入れ歯を磨きます。

③歯ブラシが汚れてきたら、ティッシュ等で歯ブラシの汚れをできるだけふき取り、また歯を磨きこれを繰り返します。

④最後にコップの水で2~3回すすぎます。

さらに、災害の時はうがい薬、液体歯磨き、洗口液などが入手できた場合はご使用いただくと、より効果的です。


カテゴリー: 未分類

せき歯科クリニックブログ始めました!

2017年1月26日 (木)

こんにちは!せき歯科クリニックです。

本日より、当院のブログをスタートいたします。

院内の日常や当院で行なったイベントの模様をお届けしてまいりますので、

楽しみにお待ち下さい!

それでは宜しくお願いいたします!


カテゴリー: 未分類

食育の知識の有無が、虫歯増加リスクに関係

2016年9月9日 (金)

日本歯科新聞より。

食育の知識のない大学生は、虫歯増加リスクが高い。岡山大学大学院医師薬学総合研究科のグループが追跡調査で明らかにした。食育の知識のある男子36.0%、知識のない男子51.9%で、虫歯が増加。他の因子の影響を排除すると、男子大学生において、食育の知識のない者は、知識のある者の2倍、虫歯が増えやすいと判明した。また女子大学生では、「甘味料を良く飲む」と回答した者が、1.9倍虫歯が増加しやすい結果となっている。他国では、食育に関する教育で甘いたべものや飲料を控えるようになるとの研究があり、大学の研究でも、食育の知識がある者は、間食や夜食を食べない傾向にあった。

研究グループは、「日本での食育推進により、食生活が改善され、虫歯予防に貢献できる可能性が示唆された」としている。

皆さんは、なぜ虫歯ができるかご存知でしょうか?食生活習慣によって虫歯増加リスクにも変化があります。こういったことから、せき歯科くりにっくではサリバテスト(虫歯のリスク検査)を行う際、食生活習慣などについて詳しくお話をしています。そして、お子様のキッズクラブでも食育のお話もしています。


カテゴリー: 未分類

矯正のおはなし

2016年6月3日 (金)

毎日お子様の仕上げ磨きをしていると、「お口の中のこんなところ気になるけどなんて聞いたらいいのかな?」「歯並び大丈夫なのかな?」と思ったことはありませんか?

そんな時は、せき歯科クリニックのスタッフに遠慮なくお尋ねください♪

子供のうちから矯正をしておくと、将来歯を抜いて矯正をしなければいけない可能性を低くしてあげられるかもしれません。子供の成長期を生かした床矯正というものがあることを皆さんご存知でしょうか?

子供の成長期には、もちろん顎の骨も成長するわけですが、成長しなければ歯の並ぶスペースが足りなくなり、歯が凸凹に並んでしまうわけです。

そこで、床矯正をして、顎骨の成長の手助けをしてあげることができます。床矯正とは、取り外しの装置で、装置についているネジを回して床部分を少しずつ拡大していきます。「まだ小さいから矯正できない」わけではありません。小さいうちの成長期だからこそできる矯正もあります。

歯のことやお口の中のこと、わからないことがあればぜひスタッフにおたずね下さい!


カテゴリー: 未分類

医院情報

せき歯科クリニック

〒861-2101 熊本県熊本市東区桜木3丁目22-19

TEL:096-360-0310

【診療科目】 一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・インプラント・審美歯科・矯正歯科・入れ歯(義歯)

診療時間

▲ 木曜は〜13:00まで △ 土曜は〜18:00まで

詳しくはコチラ