せき歯科クリニックブログ

喫煙と歯周病の関係

2018年7月25日 (水)

こんにちは、歯科衛生士の佐々木です♪

今回は喫煙と歯周病の関係についてお話したいと思います。

 

タバコの煙には数千もの化学物質が含まれています。そのうちニコチンや発癌性物質などの有害物質は200とも300とも言われます。

タバコの煙に含まれる「一酸化炭素」は組織への酸素供給を妨げますし、「ニコチン」は一種の神経毒で、血管を縮ませるので、体が酸欠・栄養不足状態になります。

ニコチンは体を守る免疫の機能も狂わせるため、病気に対する抵抗力が落ちたりアレルギーが出やすくなります。さらに傷を治そうと組織を作ってくれる細胞(線維芽細胞)の働きまで抑えてしまうので、手術後も治りにくくなります。

ある統計データによると、歯周病にかかる危険は1日10本以上喫煙すると5.4倍に、10年以上吸っていると4.3倍に上昇し、また重症化しやすくなります。

db0912c6-9ed7-43f7-8b16-f577477baa8b

タバコは、口腔内だけでなく全身にも大きな影響を及ぼします。この機会に喫煙の見直しを行い、禁煙について考えてみましょう。


カテゴリー: 未分類

医院情報

せき歯科クリニック

〒861-2101 熊本県熊本市東区桜木3丁目22-19

TEL:096-360-0310

【診療科目】 一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・インプラント・審美歯科・矯正歯科・入れ歯(義歯)

診療時間

▲ 木曜は〜13:00まで △ 土曜は〜18:00まで

詳しくはコチラ