せき歯科クリニックブログ

~『なってから』ではなく『なる前』に歯医者さんへ~

2017年6月7日 (水)

サンスターグループ オーラルケアカンパニー(以下サンスター)は、一般企業などで実施している産業歯科検診で了解を得られた方を対象に行ったアンケート結果を分析し、「大人むし歯」の実態をまとめました。

 

厚生労働省歯科疾患実態調査によると、最近子どものむし歯は減りつつありますが20代~70 代までの約8割以上の人がむし歯を経験し、高齢者のむし歯が年々増加していることが示されています。

 

今回のサンスターの調査では、むし歯を保有している人の74%が「歯が痛む・しみる」とは感じていないことが分かり、年齢を重ねるとむし歯に気付きにくくなるという傾向が明らかになりました。

 

年齢を重ねるとむし歯治療後の詰め物の隙間にむし歯菌が入り込むことによって再発する「二次う蝕」(再発むし歯)や、加齢・歯周病によってハグキが下がり歯の根元の象牙質が露出することで、歯の根元にできる「根面う蝕」(根元むし歯)が生じやすくなります。

これらのむし歯をサンスターでは「大人むし歯」と呼んでおり、成人・高齢者は、「大人むし歯」が進行しやすくなります。二次う蝕(再発むし歯)も、根面う蝕(根元むし歯)も、肉眼では非常に分かりづらい部位に発症しますので、ご自身での発見は遅れがちです。

過去にむし歯の治療を受けた歯が何本かあるという方、ある程度、高齢の方で昔に比べて歯ぐきが下がってきたかな?という自覚のある方は、痛みの有無にかかわらず、定期的に歯科医院を受診されることをお勧めします。痛みが出るのは、進行してしまったむし歯です。

 

歯科医院では、大人むし歯の検診と同時にプロフェショナルケア(歯の隅々までのクリーニングやフッ素塗布など)を受けていただくことが出来ます。また、大人むし歯の予防に大切なご家庭でのホームケアにおけるフッ素の活用について指導を受けていただくこともできます。


カテゴリー: 未分類

医院情報

せき歯科クリニック

〒861-2101 熊本県熊本市東区桜木3丁目22-19

TEL:096-360-0310

【診療科目】 一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・インプラント・審美歯科・矯正歯科・入れ歯(義歯)

診療時間

▲ 木曜は〜13:00まで △ 土曜は〜18:00まで

詳しくはコチラ