せき歯科クリニックブログ

治療してもまた虫歯になってしまう人へ

2014年12月20日 (土)

「二次う蝕」という言葉を聞いたことがありますか?二次う蝕とは、虫歯を削って詰め物や被せ物や被せものをするなど一度は治療したのに、しばらくたってまた虫歯になってしまうことです。なぜこのようなことになってしまうのでしょう。

主な原因をいくつか挙げると、

①最初に虫歯になった原因がそのままである

②詰め物や被せものの材質や精度の問題

③大きな虫歯なのに削る範囲を少なくしすぎている、などです。

まず①についてですが、虫歯に対して治療するだけで安心してはいけません。なぜ虫歯になったのかを考えてください。歯磨きは治療前よりもきちんとできていますか?歯ブラシだけではなく歯間ブラシやデンタルフロス等の補助用具を使用していますか?虫歯になりやすい食習慣を改善しましたか?虫歯になる原因はひとそれぞれでことなります。予防を意識して様々なことを改善することが大事です。

次に②についてです。お口の中は常に水分にさらされ、熱いものや冷たいものなどによる急激な温度変化があり、噛むときに歯にかかる力は数10キロで、しかもその回数は一日2千回にも及ぶという大変過酷な環境なのです。そしてさらに虫歯菌や歯周病菌を含めたくさんの細菌が生息しています。当院では、型を取る前に材料を含めた治療に関する情報を詳しく提供しています。詰め物や被せものに使う材料や治療内容を選択する際には、自分の体の一部になるものとして、真剣に検討してください。見た目が自然で、削った部分にぴったりと合う精度を持つこと(虫歯菌の大きさレベルで)、耐久性に優れていること、歯垢がつきにくいこと、体に害がないことなどの性質を備えたものが優れた材料で二次う蝕にもなりにくいといえます。

最後に③についてです。歯を削る範囲は少ないに越したことはありませんが、虫歯が大きい場合は健全な強い部分の歯質が少ないので、広く削って補強しなければ、残った歯質の弱い部分から細かい亀裂が入り、そこから二次う蝕になってしまいます。歯を削ることが逆に歯を守ることになる場合もあるのです。

虫歯の治療の繰り返しから抜け出し、健康を維持するためには、皆さんが予防の意識をしっかりもって、そのために必要な努力をすることと、そしてそれに必要な投資をすることが大事です。

私たちは皆さんが健康であるために、精一杯日々の歯科医療に取り組んでいきたいと考えています。

 


カテゴリー: 未分類

虫歯の進行

2014年8月29日 (金)

虫歯にはC0~C4と、進行の度合いがあります。

C0:虫歯になりかけている状態。まだ穴は空いておらず、脱灰している。(フッ素塗布などの予防でよい。)

C1:初期虫歯。少し穴が空いてきている状態。(虫歯の部分を削り、白い樹脂の材料で詰め物をする。1~2回の治療で終了。症状はない場合が多い。)

C2:C1よりも虫歯が進行している状態。(虫歯の範囲によって異なるが、詰め物や被せ物の型をとって詰め物をいれる。2~3回の治療で終了。症状は冷たいものにしみたり、軽い痛みが出たり。全く症状がない場合もある。)

C3:虫歯が進行し、神経まで到達している状態。(神経をとる治療、根の治療を数回した後、土台を作り、被せ物の型をとり、被せ物を入れる。治療回数は、何度かかかります。症状は冷たいものや温かいものに尾を引くようにしみたり、何もしなくてもずきずき痛んだりする。)

C4:虫歯で歯の根しか残っていない状態。(抜歯しなければなりません。その後何らかの方法で歯を入れる。)

それぞれ、虫歯の進行に応じて治療は異なります。虫歯が大きくなるほど、治療の時間や回数は必要になります。痛みが出てくるときは、虫歯が大きく進行していることが多いため症状がなくても定期的な検診を受けることが重要です。また、定期検診を受けることで早期発見・早期治療が可能になります。

虫歯の治療は、虫歯になる前の元の状態に戻すことではなく、人工物で補修することです。そうすると、何もしていない天然の歯と比較すると、将来的に歯を失うリスクが高くなってしまいます。自分の歯に勝るものはありません。一本でも多く、自分の歯を残すことが重要です。歯を失って歯の大切さに気付いても、永久歯は抜いてしまうと生えてきません。皆さんに歯の大切さを伝えるのも私たちの役目だと思っています♪


カテゴリー: 未分類

ピカッシュ導入しました!③

2014年8月27日 (水)

最近増えてきている誤嚥性肺炎。なんと、三大死因に入り、第三位!

肺炎の60%~80%は誤嚥性肺炎といわれています。歯や入れ歯についている細菌が、知らない間に肺に入り込み、誤嚥性肺炎の原因になることがあります。そのため、口腔内を清潔に保ち、細菌数を減らすことが重要なのです!また、毎日のお手入れが必要なので、面倒という悩みもありませんか?

この問題点を解決してくれるのが、『ピカッシュ』なのです。銀イオンをコーティングすることで、菌を除去し、最近の繁殖を抑えます。入れ歯、スプリントがスッキリ・清潔。ヌメリ、ニオイが軽減。洗浄剤につける頻度が週1日でOK。ピカッシュでコーティングしたのに、食事や清掃するたびに剥がれてくるんではないかという心配もありません。ピカッシュは1日3回の歯磨きをしたことを想定した、およそ6か月間のブラッシングテストにも耐えた効果を持続させています。

こすっても洗っても剥がれないのです!家でのホームケアも大事ですが、歯科医院でのプロケアも重要です。ピカッシュは自分の健康を守ってくれるメリットがいっぱいです♪ぜひ一度、効果を体験されてみてください。

3,4ヶ月に一度定期検診時、お口の中のお手入れと一緒に『ピカッシュ』をされることをおすすめします。


カテゴリー: 未分類

ピカッシュ導入しました!②

2014年8月26日 (火)

洗浄剤、歯ブラシで汚れを落とし、お手入れを頑張っている方は多いと思います。

しかし、毎日の食事、お手入れにより、入れ歯やスプリントの表面には目に見えない細かな穴が無数に存在しています。この穴に深く入り込んで、住み着いた細菌がカンジタ菌。この奥まで入り込んだカンジタ菌は洗浄液につけても1時間後には、またすぐに繁殖してしまいます。市販の洗浄液では、表面的な洗浄はできても目に見えない穴の奥深くまで行き届かないのです。

この問題を解決してくれるのが、抗菌コーティングする機械『ピカッシュ』です。

特に入れ歯やスプリントを使っている方は、ぜひ効果をお試しください。


カテゴリー: 未分類

ピカッシュ導入しました!①

2014年8月25日 (月)

お口の中には、300~400種、30億以上の細菌が存在します。目に見えない部分で、たくさんの細菌が繁殖しており、お口の中に入っている入れ歯、スプリントの表面は、材質上多くの菌がべっとりと付着しています。

中でも、ニオイ、ヌメリの原因になっているガンジタ菌は、カビの一種で、通常の細菌よりも大きく取り除くことが難しいのです。

この問題を解決してくれるのが、抗菌コーティングする機械『ピカッシュ』です。

特に入れ歯やスプリントを使っている方は、ぜひ効果をお試しください。

 


カテゴリー: 未分類

タバコは口腔がんの原因に

2014年7月24日 (木)

2014年6月の初めに、台湾に慰安旅行で行ってきました。台湾は、公共の場での喫煙に厳しく、ホテルや飲食店、路上等での喫煙は禁止です。違犯すると、日本円で27000円の罰金です。

さらに、台湾のタバコのパッケージは強烈です。タバコが及ぼす様々な害を写真付きで警告しています。その中に口の中と関連がある物を見つけました。警告文には「喫煙は口臭や口腔内の疫病を引き起こします。」とあります。タバコは口腔がんの原因になります。また、歯周病を悪化させるリスク要因になることも科学的なデータとしてはっきりと出ています。喫煙者は非喫煙者の約4倍の発症リスク(1日31本以上のヘビースモーカーの場合には約5~6倍)があります。

また、歯周病菌に対する防御機構を破壊するので歯周病が進行しやすく、歯周病治療に対する反応も悪いことがわかっています。

歯周病菌は、強い自覚症状が現れずに進行していくのが特徴で、サイレントディズィーズ(静かな病気)と呼ばれています。喫煙者の場合は、歯茎の毛細血管が細くなるので症状は余計に出にくくなります。自分には関係ない、症状がないので、大丈夫だろうなんて思っていると歯周病は静かに進行していきます。

またタバコを吸うことはストレス解消にはなりません。最近の研究では、喫煙者は非喫煙者よりも余計にストレスを感じやすいことがわかっています。全身の健康を害し、歯を失う原因にもなるタバコ。

それでもタバコを吸い続けますか?


カテゴリー: 未分類

どうやって虫歯はできるのか?

2014年6月25日 (水)

虫歯になる条件には、歯質・細菌・糖分・時間の経過があります。

虫歯の成り立ちとしては、飲食物(糖質)が口の中に入り、歯の歯垢(プラーク)に存在する細菌と接触すると、細菌が糖を分解して酸を産出し、歯垢内のpHを一気に酸性に傾けます。そこで初めて脱灰(歯を溶かす)が起き始めます。数分間そのpHを保ちその後、唾液などで口腔内が洗浄され、歯垢の中のpHは唾液の作用により、数分から60分かけて徐々に最初の値に戻ります。唾液に豊富に含まれるリン酸イオンやカルシウムイオンがエナメル表層下に浸透して失われた部分に再び補充され脱灰したところを数時間かけて修復します。これを再石灰化といいます。

つまり、飲食のたびに歯の表面ではこの脱灰と再石灰化は繰り返し行われています。脱灰と再石灰化のバランスがとれているとき虫歯は起きませんが、このバランスが崩れ、脱灰の時間が増えると虫歯ができるのです。


カテゴリー: 未分類

Dental Drug Delivery System

2014年5月27日 (火)

3DS(Dental Drug Delivery System)についてお話します。

唾液検査をした結果、虫歯菌の量が多い場合には必要に応じてこの3DS(除菌)を行うことで口腔内の虫歯菌を除去します。

3DSとは、お口の中の虫歯菌を抗菌剤を使って除去するものです。方法としては、歯型を取り、ドラッグリテーナー(マウスピースのようなトレー)を作製します。トレーの中に抗菌剤を入れ、歯に5分間はめて除去します。その後ホームケアで、フッ素塗布(トレーの中にフッ素を入れて、5分間)を一週間します。その後さらに病院で抗菌剤を使って除菌をします。再度唾液検査をして、虫歯菌の量が減ったかを確認します。

まずは唾液検査をして、何が原因で虫歯ができているのかを確認することが重要です。

そのうえで、原因が虫歯菌の量が多い場合にはおすすめします。

「虫歯ができやすい…」という方は、まずは唾液検査を!

 


カテゴリー: 未分類

歯の根の治療セミナー

2014年5月24日 (土)

2014年4月26日~27日に福岡で開催された「2014年臨床家のための実践的歯内療法」というセミナーに参加してきました。このセミナーで歯の根の治療について学んできました。

虫歯が大きいと歯を抜かなければなりません。虫歯の大きさによっては、歯の神経が入っている部屋(根管)をきれいにする(歯の根の治療)ことで歯を保存することができます。もちろん虫歯にならず、神経を残しておけることが理想です。虫歯になった歯の寿命を少しでも長くするため、細心の注意を払って根の治療をしています。人の顔が一人ひとり違うように、歯の根の形・大きさ・数もそれぞれ異なります。この根の中には、根管が曲がっていたり、ねじれたり、複雑な形で存在する場合もあります。

この根の治療では、根の先まできれいにする必要があります。今回のセミナーの中で、根管へのアプローチ方法、その意義を一つ一つ確認することができました。このように、とても細かく、難しい処置なので、治療回数・時間もかかります。大変な処置ではありますが、これを丁寧に確実に行い、患者様の歯の健康が少しでも長く保たれるようにと意識して治療を行っています。セミナーで学んだことを日々の診療で生かして、よりよい治療を提供していきたいと思います。

そして患者様に自分の歯で噛んで食事ができるという幸せを毎日の生活の中で、実感していただきたいです。


カテゴリー: 未分類

唾液検査

2014年4月29日 (火)

虫歯の治療をするのは当然ですが、虫歯も削って詰める、の繰り返しでは歯を失ってしまう原因になります。そこで唾液検査をすることで虫歯の原因を突き止め、根本的なところから改善していきます。

唾液検査では唾液を採取し、細菌の量・唾液の量や質を調べます。それだけでなく、食生活習慣や生活習慣などを詳しく問診し、虫歯の原因を探っていきます。

そこから出たデータを元に、患者さん一人ひとりに合った改善策を提案し、実行してもらいます。何が原因で虫歯ができるのか、一人ひとり原因は異なります。自分に合った改善策を見つけるのも大切なことです。

ぜひ皆さんも唾液検査を受けていみてはいかがでしょうか。


カテゴリー: 未分類

医院情報

せき歯科クリニック

〒861-2101 熊本県熊本市東区桜木3丁目22-19

TEL:096-360-0310

【診療科目】 一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・インプラント・審美歯科・矯正歯科・入れ歯(義歯)

診療時間

▲ 木曜は〜13:00まで △ 土曜は〜18:00まで

詳しくはコチラ