入れ歯

入れ歯治療

歯を失うと、口元の見た目(審美性)だけではなく、食べる(咀しゃく)機能や話す(発音)といったコミュニケーションに欠かせない機能が低下し、生活の質(QOL)が損なわれます。

それらの機能を回復するのに、入れ歯はとても有効な治療法ですが、どんなにピッタリ作った入れ歯でも時間経過とともにお口の組織の変化などで合わなくなったり、個人差はありますが、入れ歯になれるまでに時間がかかったり調整が必要になる場合があります。

また保険の入れ歯には材料や作り方に制約があり、患者様の全てのご要望に沿う設計ができない場合があります。 当院では、自費による入れ歯のご提供が可能です。 いくつか種類がありますので、患者様の状況やご要望に合わせて設計プランをご提案させていただき、ご納得の上で安心してお使いいただける入れ歯制作につとめております。


当院では歯が抜けてしまった方、抜歯が必要な方に、義歯(入れ歯)、ブリッジ、インプラント、入れ歯治療を用意しています。しかし、どれも一つではなく、保険のもの、自費のものがあります。

自費の入れ歯でも多数種類がありますので、患者様の状況やご要望に合わせ提供させて頂いております。


入れ歯をお口の中で安定させるため、残った歯に金属製のバネをかけたり、入れ歯の裏側を歯茎にぴったり合わせて吸盤のような働きをさせるようにして作ります。

入れ歯を作った当初はピッタリでも、入れ歯を長期間使用することにより、歯茎や顎の骨がやせたり、入れ歯の歯がすり減ってきます。
そのため、当院では入れ歯治療にも定期健診をお勧めしております。

保険の義歯と自費義歯の違い

入れ歯には、保険適応のものと自費診療によるものの2種類があります。保険適応の入れ歯は、費用負担が少なく簡単な工程での制作が可能です。

しかし保険が適用される範囲で作る基本的な入れ歯ですので、審美性やより快適な装着感をお求めの患者様には自費診療による入れ歯をおすすめします。
自費診療による入れ歯は制約がないため材料により高品質なモノを使用し、患者様のご要望に沿った設計が可能です。審美性・装着感・機能性に十分ご満足いただけます。

保険適用の入れ歯の特徴

  • 人工歯や床の種類に限りがある
  • 簡単な維持装置で固定する
  • 少ない工程で製作できる
  • 装着時に違和感がある場合がある

自費診療の入れ歯の特徴

  • 人工歯や形、床の種類が
    豊富にある
  • 入れ歯の固定方法が様々ある
  • 製作にある程度の期間が必要
  • お口に合うように調節ができる

入れ歯治療のメリット

違和感が少ない

自費の入れ歯は義歯床(歯ぐきに相当する部分)に金属を使用することで保険の入れ歯に比べて薄く作ることが可能です。

お口に中で下の動きを邪魔することがなく、また熱を伝えやすいので食べ物の温度がわかりやすく味覚がよくなります。

臭いがつきにくい

保険の入れ歯は義歯床にピンク色の樹脂を使用しますが、その性質上、臭いがつきやすいのが欠点です。
自費の入れ歯は金属床を使用することで臭いを軽減できます。

審美性が高い

高品質の人工歯や金属のバネを使わない方法での入れ歯制作が可能です。
入れ歯を装着していることがわかりにくいので自然な笑顔を作り出すことができます。

金属床

薄い、軽い、体に優しい入れ歯

義歯床が金属で出来ている入れ歯です。 義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、

・保険のものよりもしゃべりやすい
・違和感が少ない(適合性が良い)
・丈夫で割れにくい
・臭いがつきにくい
・審美性に優れている

といったメリットがあります。 また、部分入れ歯ではバネなどの設計自由度が高く、残存歯への負担軽減が期待できます。当院では、金属床の代名詞として世界的に最も名高いバイタリウムを使用しているバイタリウム床(コバルトクロム床) と軽量で、生体親和性に優れた金属であるチタンを用いたチタン床を揃えております。
どちらが患者様に適しているかは、状況やご要望を聞いた上で判断させて頂きます。

ノンクラスプデンチャー

入れ歯には金属の部品などがなく、目立たないタイプのものがあります。それがノンクラスプデンチャーです。柔軟性がある素材を使って、軽く薄くできています。粘膜と義歯の間に食べ物が詰まりにくく、食事の際は快適です。

当院では金属クラスプのない入れ歯に「キレイデス」を採用しております。アームに透明感があるため、装着していることに気付かれません。また、柔らかく歯肉を包むため、金属クラスプのある入れ歯と比較して、良い装着感が得られます。1本から複数の歯の欠損に対応しています。

入れ歯を快適に使いたい方へ

入れ歯をお使いの方の中には、「臭いが気になる」とか「ヌメリが取れない」といった深いかにゃお手入れでお悩みの方が多くいらっしゃいます。
臭いやヌメリの原因はお口の中で繁殖した雑菌です。 入れ歯は毎食後に水洗いを行い、加えて毎日洗浄剤等を使ってのお手入れが必要ですが、それでも細かい隙間に入り込んだ目に見えない雑菌全てを除去するのは困難です。

そこで抗菌コーティングの「ピカッシュ」をおすすめします。当院では入れ歯のクリーニングを行った後に抗菌コーティング加工を施しますので、安心してご利用いただけます。 また新しく作った入れ歯だけではなく、現在ご使用中の入れ歯や矯正装置、マウスピースにもコーティング可能です。お手入れにお悩みの方はぜひご相談ください。

ピカッシュについて詳しく見る

よくあるご質問

入れ歯を入れたら、定期検診に通う必要はありますか?

定期検診の意義は良い状態を長く保つためです。入れ歯を使用していると、歯茎や顎の骨がやせたり、入れ歯の歯がすり減ってきます。また支えにしてい自分の歯を検査することもできます。お口と入れ歯の両方の良い状態を保つために、検診を定期的にご受診ください。

入れ歯を入れると顔の形が変わることはありませんか?

噛み合わせの高さや入れ歯の膨らみなど当院では良い状態に変化するように、作成のステップごとに確認をしていきます。

入れ歯は痛いというイメージがあります。大丈夫でしょうか?

入れ歯が痛いとおっしゃる方は少なからずいらっしゃいます。全ての入れ歯が痛いわけではありまえん。粘膜に一部分あたっていることで傷や炎症がおきたり、食べかすが挟まっていることがあります。調整をすることで解消することができますが、安定が悪くなっている入れ歯は新しく作ることもできます。

入れ歯を入れるとコミュニケーションが取りにくいのでは?

総入れ歯を入れること、下の動きが制限され発音がしにくくなることがあります。この場合、舌を動かして話す練習をしてみることで改善が期待できます。

入れ歯にしてしまうと食事を楽しむことはできませんか?

総入れ歯で口蓋や歯肉を覆ってしまうと、味覚が鈍くなることはありますが、きちんとお口にあった入れ歯を作ることで食事を楽しむことができます。味覚は舌で感じますが、それ以外に食感・温度感覚などお口全体の感覚が食事を大きく左右する要因となります。大きな入れ歯や分厚い入れ歯で味がわかりにくいものもありますが、入れ歯には金属を使用したものもあり、熱が伝わりやすく薄いものもあります。

入れ歯を洗浄する際は熱湯をかけた方が良いでしょうか?

熱湯は除菌に効果的ですが、入れ歯に使用することはお辞めください。その理由は、保険適用などの多くの入れ歯はレジンというプラスチック素材を使用しているためです。これは60度以上の熱いお湯で変形してしまうことがあります。洗浄の際は洗浄液を使用するようにしてください。

症例(Tさんの場合)

■ 術前正面

■ 術後正面

■ 術前義歯なし

■ 術後口蓋

料金表

※コア代・印象・形成代は別途費用がかかります。


チタン

価格
総義歯 540,000円
部分床義歯 324,000

バイタリウム金属床

価格
総義歯 324,000円
部分床義歯 270,000

ノンクラスプデンチャー

価格
※設計によって金額の変更がございます。

部分床義歯 アタッチメントデンチャー

価格
両顎 432,000円
片顎 324,000円

オクルーザルメタル

価格
32,400円

医院情報

せき歯科クリニック

〒861-2101 熊本県熊本市東区桜木3丁目22-19

TEL:096-360-0310

【診療科目】 一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・インプラント・審美歯科・矯正歯科・入れ歯(義歯)

診療時間

▲ 木曜は〜13:00まで △ 土曜は〜18:00まで

詳しくはコチラ