インプラント

インプラントとは?

インプラントは、歯周病や外傷などにより歯を失ってしまった場合、その機能を補う方法として有効な処置のひとつです。

従来、入れ歯やブリッジで対応していた歯を失ってしまった部分にチタン製の人工歯根を植え込み、もともとあったご自分の歯と同様の噛む機能、噛み応えを回復させる治療法のことです。

インプラント治療は、固定性であるためガタついたりせず、従来の自分の歯のように噛める力が回復します。見た目も元の健康な歯に近くなります。

当院のインプラント治療

現在たくさんの形態、材質、システムのインプラントが開発され、生まれてきております。

当医院では、数あるインプラントのうち、アストラテックインプラントを使用しています。
インプラント先進国のスウェーデンで研究・開発され世界的にも認められている安全で信頼のおけるインプラントシステムです。

また、コンピュータによって、CT画像から適正なインプラント埋入位置をシュミレーションすることのできる「iCATナビゲーションシステム」も導入しております。

ICATシステムの詳細はこちら

当院のインプラント治療のメリット

入れ歯をしっかり固定できる

「入れ歯が噛みづらい」「発音・発声に不便を感じる」「義歯が不潔になりやすく口の中が臭う」といったお悩みがある方に、インプラント治療は適しています。

数本の「インプラント」を植え込むことで、入れ歯を維持装置で固定するため、入れ歯が動かずよく噛むことができます。

金具を使用せず自然な仕上がり

入れ歯を不快に感じる」「入れ歯を金具で支えている歯に負担がかかって痛む」などのお悩みの方も、インプラント治療で解決することができます。

歯の抜けた所へ「インプラント」を植え込みます。
金具付きの入れ歯ではないので、自分の歯のように噛むことができます。

健全な歯は全く削らず治療可能

「抜けた歯の両隣を削るブリッジ治療など健全な歯を削るような治療方法は遠慮したい」とお悩みの方にも、インプラント治療をお勧めします。

歯の抜けた所だけを削り「インプラント」を植え込みますので、その他の歯を削る必要がありません。

いまの入れ歯にお悩みの方へおすすめインプラントオーバーデンチャーとは?

インプラントオーバーデンチャーは、埋め入れたインプラントの上に、連結するためのパーツを接続し、それにピッタリと合う総入れ歯を装着させます。

インプラントに総入れ歯がしっかりと固定されますので、通常の総入れ歯に起こりがちな問題が解消され、よく噛んで食べられるようになります。

メリット

  • インプラントで固定されるため、入れ歯が安定し、食事や会話でストレスを感じることが少ない。
  • 入れ歯が外れたり、ずれたりすることがほとんどなくなる。
  • 使用するインプラントの本数が少ないため、費用が抑えられる。
  • 外科手術の範囲が最小限となるため、身体への負担が少ない。

デメリット

  • インプラントを埋め入れる外科手術が必要となるため、費用と身体への負担が増える。
  • 噛む力が大きくなるため、総入れ歯が割れたり、すり減ったりしやすくなる。
  • インプラントと総入れ歯のそれぞれのお手入れが必要となる。
  • 少ない本数のインプラントで支えるため、1本でもトラブルが起こると総入れ歯を使えず、噛みづらくなる可能性が高い。

インプラントローケーター

インプラントと入れ歯を結合させ、入れ歯を外れにくくする方法です。

まず固定式のインプラントを入れ、今お使いの入れ歯にロケーターアバットメントを装着するだけで、 取り外し可能で、かつ外れにくい入れ歯が可能となりました。


メリット

  • 入れ歯の支えとしてインプラントを埋入するため、しっかりと固定され、食事中に入れ歯が外れません。
  • 入れ歯は取り外しが可能で、入れ歯を外して清掃できるため衛生面でも優れています。
  • インプラントの本数も少なく、今お持ちの入れ歯を加工するだけで良いので、治療費も軽減することが可能です。

バータイプオーバーデンチャー

当院では、オーバーデンチャーの中でバータイプのものを使用しております。
埋め入れたインプラントをバーと呼ばれるパーツでつなげます。それにピッタリと合う金具を総入れ歯に埋め込み、クリップで留めるように総入れ歯を装着します。

インプラント治療の流れ

診査・診断・治癒計画の立案

手術をする前に、全身の健康状態とお口の中の状態、特に残っている歯周の状態や歯の喪失した箇所のあごの骨の状態を事前に調べインプラントの手術をしても安心かをチェックします。
CTスキャンなどを撮影して骨の形や量の状態を調べてインプラントができるかどうか診断し、被せ物まのでの治療計画を立てます。

1次手術

歯が喪失した部分の歯ぐき(粘膜)を切って、あごの骨にドリルで穴をあけ、歯の支えとなるインプラント(「インプラント体」「フィクスチャー」といいます)を骨の中に埋め込みます。
患者さまの体に馴染みのよいチタンという金属が材質として多く使われています。

骨の治癒

最近では、インプラントの埋め込み直後や早期に力をかける事もありますが、インプラントと骨がしっかりと定着するのに、下あごで3ヶ月、上あごで6ヶ月かかるといれています。

2次手術

1回法という手術法では、1次手術においてインプラントは頭だしされているためにこの手術ステップはありません。一方、2回法のインプラントでは骨の治癒後、粘膜を切開してインプラントの頭を出します。

補綴治癒

歯ぐき(「歯肉」や「粘膜」といいます)の治癒後、インプラント上面 を含む口の中の型取り(「印象」といいます)を行い、その模型上で作製したクラウンやブリッジ、場合によっては義歯を作製します。
補綴治療の順序として、まず仮歯(「暫間補綴物」といいます)をインプラントの上に被せて歯の形や噛み応えを確認し、その後最終的な被せ物(「最終補綴物」といいます)の作製をするのが一般的です。

インプラント Q&A

インプラント治療は誰でも受けられますか?

心臓病・糖尿病などの持病がある人や、妊娠中の人はインプラント治療を受けられない場合があります。 また、あごの骨の状態によっても受けられない場合があります。いずれも事前にご相談ください。

インプラント治療の費用はどの程度かかりますか?

残念ですが今のところ自由診療扱い(自費)となっています。 また、インプラントの本数に応じて費用は左右されます。

インプラントはどのくらいもちますか?

インプラントは非常に丈夫なもので、また患者さんのお口の衛生状態がよければ20年、30年も何の問題も無く使用されているケースもあります。

インプラントの治療期間中は歯がないままですか?

一次手術の後、1週間から2週間は傷口を守るために、入れ歯はお使いいただけませんが、その後は、入れ歯・仮歯を使用することができます。

インプラント治療は痛いですか?

外科処置を行うあいだは局所麻酔により痛みを防いでいます。 通常、その後は普通の鎮痛剤で十分です。

インプラントによる新しい歯は自分の歯のような感じでしょうか?

はい、あなたの普通の歯と同じように咀嚼し、話し、笑うことができます。ほとんどの人はどんな違いも感じません。

インプラント治療の症例

■ 術前

■ 術後

■ 術後レントゲン写真

オーバーデンチャーの症例

■ 術後正面

■ 術後上顎

■ 術後下顎

■ 術後レントゲン写真

料金表

※コア代・印象・形成代は別途費用がかかります。


インプラントオペ

価格
330,000円

CT撮影とインプラント埋入シュミレーション

価格
1〜4本 16,200円

5〜9本 18,900円

10本以上 21,600円

サージカルガイド

価格
1本 43,200円
2本 48,600円

3本 54,000円
4本 59,400円

5本 64,800円
6本 70,200円

7本 75,600円

※口蓋被覆型の場合 8,100円追加

ソケットリフト・GBR等外科処置(骨補填材)

価格
症例都度計算

光殺菌(インプラント・天然歯)

価格
1,080円

ファイバーコア

価格
15,000円

医院情報

せき歯科クリニック

〒861-2101 熊本県熊本市東区桜木3丁目22-19

TEL:096-360-0310

【診療科目】 一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・インプラント・審美歯科・矯正歯科・入れ歯(義歯)

診療時間

▲ 木曜は〜13:00まで △ 土曜は〜18:00まで

詳しくはコチラ