せき歯科クリニックブログ

院内技工 院長

2020年7月17日 (金)

熊本県熊本市東区桜木にある歯医者せき歯科クリニックから

こんにちは事務長です。

『院内技工』『院内技工』と言って、歯周病治療の大切さからセラミック等の作り方を発信してきましたが、実は一番大切なピースを忘れていた事に気付きましたのでお伝えします。

それは院長です…(^-^;

院内技工で技工士が皆様の新しい歯を作りますが、そこでなぜ院長が重要となるのかというと、院長がゴールを設定しているからです。

患者さんのお口の中を十分に把握し、今まで勉強した事、経験、研修会、先輩医師の助言などをフルに使ってお口の中全体のゴールを設定します。

はっきり言いますと、出来ない歯科医師は1本の歯しか見ていません。全体の口腔状態を把握できず1本の歯の治療しかできません。その1本を治療して満足してしまいます。

それでは後々他の歯に不具合が出て来たり、全体の崩壊を止める事が出来ず、せっかく治した歯を失ったりしてしまいます。

当クリニックの院長は、世界的に会員が多数いるSJCDという勉強会のグループに所属し、熊本県の理事をしています。

考えが一つに固まらない様にその他にもあすか会という勉強会の会長をしたり、顎咬合学会や歯周病学会、インプラント学会など様々な学会にも所属し、常に進化し最新の治療を追い求めています。

弟である私が言うのもなんですが、超勉強熱心です。勉強会グループの中でも1番と言える勉強熱心です。

まあ、歯科治療が本当に好きなんでしょう。。。

全国の顎咬合学会での発表では優秀発表賞も頂き、コロナが無ければ今年行われるはずだったSJCDの全国大会の熊本代表の発表者にも選ばれています。

かといって大学の研究者の様に研究ばかりではなく、治療を生かして発表して、発表を生かして治療をしてどちらも常に進化をしています。

 

そんな院長が設定したゴールがあるからこそ、受付はバランスよく予約を取り、助手は患者さんに寄り添い最善の治療を提案し、衛生士は歯周病をしっかり治し患者さんのブラッシング力を向上して、技工士は全体のバランスを考えた補綴物を作り、ドクターが治療計画から仕上げを行うというチーム医療が完成するのです。

建物や診療台などははだんだん古くなってきていますが、中身の診療は常に進化し続けています。

機械なども予算の許す限り最新の治療に必要なものを揃えていっています。

院長が『まだまだ僕よりすごい先生がいっぱいいる。僕はまだまだだ。』と言っているうちは、良い治療を提供し、進化し続ける事が出来ると確信しています。

『もうこれで良いかな』と思ってる人からはこんな言葉は出てきませんから…


カテゴリー: 未分類

医院情報

せき歯科クリニック

〒861-2101 熊本県熊本市東区桜木3丁目22-19

TEL:096-360-0310

【診療科目】 一般歯科・小児歯科・歯科口腔外科・インプラント・審美歯科・矯正歯科・入れ歯(義歯)

診療時間

▲ 木曜は〜13:00まで △ 土曜は〜18:00まで

※当院は、予約制です。診療をご希望の方は、
 お電話・お問い合わせフォームよりご予約ください。

詳しくはコチラ